グループ 2202.png
パス 9564.png
自家消費型太陽光発電.png

トップページ > 事業内容 > 自家消費型太陽光発電

太陽光パネルで発電した電気を自家消費

電気は買う時代から
作る時代へ

事業所の屋根や駐車場の遊休スペースに太陽光発電設備を設置し、そこで発電した電気を再生可能エネルギーとして構内で自家消費する仕組みを「自家消費型太陽光発電」と言います。

「⾃家消費型太陽光発電」を導⼊することで、電⼒会社か
ら購⼊する電気代削減、災害時の非常用電源の供給や脱炭
素に向けた企業PRなどさまざまなメリットがあります。

グループ 2203.png
 
最新_2x.png

選べる2つの導入方法

 
長方形 111.png

全量自家消費

2_img.png

年間の電気使用量が多い事業者さまにおすすめ

安定的に電力を消費する
事業者さまへ

設置した太陽光発電設備によって発電した電気を、構内ですべて消費できるように設計・配線されたシステムです。

太陽光発電で発電した電気をすべて使い切るだけの電力消費量がある施設や、電気料金単価や託送料金が高いエリアの事業者さま、24時間稼働する大型商業施設・物流倉庫などに適したシステムです。

長方形 111.png

余剰売電型自家消費

3_img.png

電気の消費変動がある事業者さまにおすすめ

必要な分だけ消費したい
事業者さまへ

設置した太陽光発電設備によって発電した電気を、必要な分だけ消費し余剰分を電力会社に売電するように設計・配線されたシステムです。

太陽光発電で発電した電気をすべて使いきれない場合や、土日が休みで消費特性に変動がある小売店舗、製造工場や学校などに適したシステムです。

お問い合わせ
最新_2x.png

導入メリット

 
四角.png
グループ 2202_2x.png

電気料金の削減

上昇傾向にある電気代

脱炭素に伴う世界的なLNG需要へのシフトに伴い、電⼒市場の⾼騰だけでなく「再エネ賦課金」「原子力発電の廃炉費用」の負担により、東日本大震災以降年間2%程度上昇し続けています。自家消費型太陽光発電設備を導入することは、将来の電気料金や再エネ賦課金の上昇に対する経費削減対策だけでなく、企業競争力強化やサプライチェーンの強靭化のために必要な設備投資です。

グループ 2203_2x.png

再エネ賦課金とは、再生可能エネルギーの普及を目的に策定された固定価格買取制度(FIT制度)に基づき、再エネ電源の買取費用から算出するもので、電力消費者がそれを負担します。再エネ賦課金は、今後単調に増加し、2032年に現在の約1.4倍になると予想されています。

グループ 1527_2x.png
グループ 2204_2x.png

福島原発事故関連の費用負担が⻑期化し、汚染⽔の放流先や汚染⼟の最終処分、法定闘争に関する費用など増え続ける廃炉関係費用の予算確保に備えて、原子力損害賠償廃炉等支援機構法が制定されました。2020年10月から、廃炉費用の一部を電力託送料に計上し、電力利用者 (消費者) からの徴収が始まっています。

グラフ2.png
四角.png
グループ 2205_2x.png

停電時の電源としての活用

企業を取り巻く事業環境が急速に変化し、大規模災害が頻発する中、事業者さまがそれらに対応し事業活動を継続する対策として、通信の確保、従業員の安全の確保など企業活動の強靭化に取り組むがことが求められています。

事業を継続するために自然災害などの緊急事態に備えて予め計画事業継続計画(BCP)を策定することは、ステークホルダーから求められる企業存続のための非常に重要な責務になっています。このような観点から、自家消費型太陽光発電設備の導入は、災害時の非常用電源確保のための有効な対策となります。

ec_4_2x.png
四角.png
グループ 2207_2x.png

ESG投資をアピール

自家消費型太陽光発電設備を導入することはESG環境経営をアピールし、企業ブランドの価値の向
上に繋がる有効な手段の一つとなります。例えばCO
2削減など社会的課題に向けた経営は、ステークホルダーからの評価を高め、企業の持続的発展をもたらします。

グループ 2206_2x.png
四角.png

夏は涼しく、冬は暖かく

グループ 2208_2x.png

商業施設の屋根で一般的に使用されているガルバニウム鋼板やスレートは軽量で耐震性に優れていますが、熱吸収率が高いため遮熱性は劣ります。
そのため太陽光発電設備を導入することで、夏は遮熱効果が約20%以上高まり屋根裏や室内の温度が上昇しにくく、冬は屋根からの放射性を60%程度抑制できるため、温度の低下を防げます。これにより空調負荷を抑え、電気代の削減効果にもつながります。また、直射日光・雨、風から屋根を守り、経年劣化を抑制することで葺き替えや修繕コストを削減することができます。

グループ 2202.png
四角.png

社員の省エネ意識の向上

グループ 2209_2x.png

太陽光発電設備を通して、地球温暖化対策や節電に対する意識の向上や共通目標を設定することができ、社員一同で取り組むことで無駄な電気代を削減できます。

グループ 2204_2x.png
お問い合わせ
 
最新_2x.png

優遇税制について

ここでは事業者さまにご活用いただくと便利な優遇税制のご紹介をさせていただきます。

マスクグループ 25_2x.png

特別償却・税額控除

マスクグループ 25_2x.png
長方形 846_2x.png

中小企業経営強化税制

事業者さまの状況に合わせて「100%即時償却」か「取得価格の10%もしくは7%の税額控除」を選択できる優遇制度があります。

全量自家消費

3.png

※税率、利益及び導入費用はすべて仮定のものであり、上記の節税効果を確証するものではありません。

長方形 846_2x.png

中小企業投資促進税制

条件を満たす事業者さまの場合、設備投資を後押しするために30%の特別償却もしくは7%の税額控除を選択する制度があります。

4.png

※資本金3,000万円以下かつ常時使用する従業員数が1,000人以下の法人/個人事業主/農業共同組合等に限られます。

※中小企業経営強化税制との併用申請はできません。

マスクグループ 25_2x.png

固定資産税優遇

マスクグループ 25_2x.png
長方形 846_2x.png

生産性向上特別措置法

中小企業が保有する老朽化した機械設備を生産性の高い先端設備の刷新を促進し、労働生産性の向上を後押しする制度で、設備に対する固定資産税(償却資産税)を3年間0円もしくは1/2にすることができます(一定の条件を満たす必要があります)。

設備の固定資産税

3年間

koteisisan3.png

もしくは

koteisisan2.png
koteisisan1.png
マスクグループ 28.png

補助金・金融機関等の支援

マスクグループ 28.png
長方形 846_2x.png

補助金の活用

弊社では下記のような補助金の活用のための支援なども行っております。

グループ 803_2x.png

PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業のうち、ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業

初期費用ゼロでの自家消費型太陽光発電や蓄電池の導入支援等により、ストレージパリティの達成を目指します。(環境省)

グループ 803_2x.png

PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業のうち、新たな手法による再エネ導入・価格低減促進事業

地域の再エネポテンシャルの有効活用に向けて、新たな手法による再エネ導入と価格低減促進を図ります。(農林⽔産省・経済産業省)

グループ 803_2x.png

PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業のうち、公共施設の設備制御による地域内再エネ活用モデル構築事業

再生可能エネルギーの導入や、公共施設等の調整力・遠隔管理を活用することで、地域の再エネ主力化を図ります。(環境省)

長方形 846_2x.png

金融機関からの支援

弊社では下記のような金融機関を活用した支援も行っております​。

グループ 803_2x.png

政策金融公庫による環境・エネルギー対策資金

非化石化エネルギーを導入する施設などを取得するために必要な設備資金を融資7,200万円20年以内(うち据置期間2年以内)

グループ 803_2x.png

PPA活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業

再エネ・蓄電池の導入及び価格低減推進と調整力の確保等により、再エネ主力化とレジリエンス強化を支援(環境省・一部総務省・経済産業省)

グループ 803_2x.png

脱炭素社会の構築に向けたESGリース促進事業

脱炭素機器のリース料低減を通じてサプライチェーン全体での脱炭素化に貢献する中小企業等をサポート総リース料の1~4%(環境省)

お問い合わせ
最新_2x.png

安心の保証内容

 
長方形 522_2x.png
グループ 2215_2x.png

施工瑕疵による損害補償

弊社の施工瑕疵が原因で、建物の雨漏りが発生した場合や太陽光パネルの飛散・落下により第三者の所有物が破損した場合は、弊社がその補償を行います。

グループ 2205_2x.png
長方形 522_2x.png
グループ 2216_2x.png

10年間の施工保証

弊社の施工瑕疵が原因で、太陽光発電設備に万が一問題が発生した場合は、引き渡しから10年間に限り、破損した機器の修理、もしくは交換を無償で行います。

グループ 2207_2x.png
長方形 522_2x.png
グループ 2217_2x.png

メーカー保証

太陽光パネルは、初年度は公称出力98%、2年目から25年目までは毎年0.65%の出力低下を下限値として出力保証がされており、下限値を下回った場合は、無償交換を行います。

グループ 2240.png
長方形 522_2x.png
4_2x.png

売電収入補償

火災や自然災害、機械のトラブルが原因で発電が停止した場合、損失した額を補償する保険により、お客さまの安心をサポートします。

グループ 2222_2x.png
四角.png

自然災害時の補償

グループ 2223_2x.png

火災や自然災害が原因で、太陽光発電設備が破損した場合、修理費用または交換費用を全部保証する保険により、事業者さまの安心をサポートいたします。

対象となる事例

落雷

破裂

爆発

盗難

火災

風災

水災

雹災

雪災

上空からの物体の衝突等

外部の衝突等

電気的機械的事故(オプション)

対象となる設備

太陽電池パネル

パワーコンディショナー

ケーブル

集電箱

接続箱

架台

遠隔監視

ネットワークカメラ

フェンス

グループ 2202.png
 
最新_2x.png

導入実績

長方形 846_2x.png
storefront_black_24dp_2x.png

小売業店舗:広島県

case01_2x.png

受電方式

高圧受電

設備容量

168.48kW

設備投資額

21,220,000円

年間削減額

2,300,000円

年間売電額

370,000円

5.png
長方形 451_2x.png
restaurant_black_24dp_2x.png

食品加工工場:徳島県

case02_2x.png

受電方式

低圧受電

設備容量

168.48kW

設備投資額

11,800,000円

年間削減額

1,150,000円

年間売電額

300,000円

6.png
お問い合わせ

事業内容一覧

再生可能エネルギーの運用
自家消費型太陽光発電
PPA事業(電力販売事業)
発電所の保守管理事業
エネルギー事業に関するコンサルティング
企業投資